VSCodeで文字サイズを変更するショートカット



水樹あおい
VisualStudioCode使ってるけど文字小さすぎて読めない!文字サイズってどうやって変更するの?

 

プログラミングをしていると文字サイズを変更したくなる時があります。

1つの画面で複数ウィンドウ使って開発する時に文字サイズを小さくして全体を表示したい時とか。

今回はそんなVSCodeの文字サイズを簡単に調節できる方法を調べてきたので備忘録です。

この記事を読めば5分以内にVSCodeの文字サイズを簡単に変更できるようになります。

 

この記事で分かること

・VSCodeの文字サイズの変更方法

・VSCodeの文字サイズ変更のショートカット

 

それではいきます。

 

VSCodeでの文字サイズの変更方法

さっそく文字サイズを変更していきましょう。

 

まずは左下の歯車のアイコンをクリックします。

 

 

次に設定をクリックします

 

 

すると設定画面が開きます。

ここでフォントサイズの数字を変更することで文字の大きさを変えることができます。

数字を小さくすれば文字サイズが小さくなり、数字を大きくすれば文字サイズが大きくなります。

 

 

VSCodeの文字サイズ変更のショートカット

 

上で文字サイズの変更方法について解説しましたが、ぶっちゃけ文字の大きさを頻繁に変更したい人には不向きです。

 

水樹あおい
ショートカットキーを使用して簡単にノンストレスで文字サイズを変更できたら便利なんだけどなぁ

 

VSCodeの文字サイズは「Ctrl + マウスホイール」のショートカットキーを使用することで変更することができます。

 

ところが、VSCodeの文字サイズ変更のショートカットは何故かデフォルトではできなくなっています

といっても設定のチェックボックスを1つチェックするだけなので簡単です。

こちらの方法もみていきましょう。

 

上の「VSCodeでの文字サイズの変更方法」と同じように設定画面を開きます。

左の「テキストエディタ―」をクリックしてしばらく下にスクロールしていくと

「Mouse Wheel Zoom」というチェックボックスがあります。

 

 

このチェックボックスにチェックを入れます。

これで「Ctrlキー+マウスホイール」で文字サイズを簡単に変更できるようになりました。

 

 

実際に文字サイズを変更できることを確認して終了!

 

文字サイズを小さくしてみる。

 

文字サイズを大きくしてみる。

 

まとめ

・VSCodeの文字サイズは設定から変更できる

・VSCodeの文字サイズ変更のショートカットは「Ctrl + マウスホイール」

・デフォルトではショートカットキーは使用できない

・「Mouse Wheel Zoom」のチェックボックスをチェックする

 

今回の記事は以上です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。