【ボイロ実況】動画投稿#1反省メモ

前回の投稿で動画編集をやってみたと報告しました。

リンク→【ボイロ実況】Premiere Proでボイスロイドの実況動画は作れるのか?

初めてのPremiereProによる編集ということで全体的な完成度がかなり低くなってしまった。

(正確には2度目だが)初めての動画投稿。完璧を求めていたらいつまでも完成しないと思い納期を決めて編集した。

分からないことだらけで編集している時間よりも編集ソフトについて調べている時間の方が長かった気がします。

けど分からないなりに編集して最後まで仕上げたことで改善点も見つかった。

 

画面の動きが少ない

 

他のYouTubeやニコニコ動画のボイロ実況者は立ち絵を動かしたり、画面にネタとなる画像やBB素材をたくさん入れたりしてとても動きが合って面白い。

私の動画はほとんど画面に動きがなく、表情はセリフや状況によって変えているがつまらない。

自分で見ていて飽きてしまう。

 

正直この問題は動画の制作中にずっと思っていた。

だがアイデアを形にするやり方、そもそもアイデアが湧かないなど経験の浅さが出てしまった。

次に投稿する動画はもうちょっと立ち絵を動かしたりするなど画面に動きをつけてみようと思う。

他の動画投稿者を見て研究せねば

 

画質が粗く感じる

 

YouTubeに投稿した動画を見て正直びっくりした。

実際に編集している動画と比べて画質が大違いだったからだ。

 

調べてみると投稿した動画はYouTube側で勝手に再エンコードされているため画質が粗くなっているみたい。

対策としてはYouTubeにあげる元の動画をできる限り高画質にするといいようだ。

 

高画質な動画を作成するにはビットレートというものにも気を配る必要がある。

基本的にビットレートが高ければ高画質になり、逆に低ければ低画質になる。

動画を作成する時になるべくビットレートに気を配ろう。

 

また、HD動画ならYouTube川で再エンコードされても高いビットレートが割り当てられるから画質的に有利になるらしい。

 

セリフが説明ばかりでつまらない

 

他の上手いボイロ実況の動画を見ていると説明するところとネタを挟むところのバランスがちょうどいい。

説明ばかりだと視聴者は飽きてくるしネタばかりだと何やってるのか分からなくなる。

この辺の塩梅も数をこなして掴んでいくしかないか。

 

編集が全体的に雑

ボイロの立ち絵の変わり方が不自然だったり、字幕の文字が汚かったりで動画全体のクオリティがとても低く感じる。

この問題も動画編集の経験値が浅いのが問題。

どうすればもっと綺麗でまとまった動画になるのか研究しなければ・・・

 

まとめ

 

1作目ということで全体的なクオリティは低い物の、一応形にはできたのでそこはよかった。

途中で投げ出したりしてまた一から作り直すってことになるとこうして反省もできない。

最初から完璧にやりきるなんてスポーツや仕事でも無理だったし、最初は動画を1本無事に投稿できたことを評価したい。

今回出てきた問題点全部を急に改善することは無理だから少しずつ改善していけたらなと思う。(おしまい)

 

知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応

知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応

河野 緑
2,948円(07/24 00:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。