【ダイエット】実は危険な食事制限!?

※この記事は2020年1月21日に更新されました

 

みなさんこんばんは水樹あおいです。

今回はダイエットの食事制限の危険性について書いていこうと思います。僕がダイエットの記事を書く時に食事制限よりも適度な運動とバランスのいい食事をおすすめしている理由を書いていこうと思います。ダイエットの参考になれば幸いです(*’ω’*)

 

それではいきましょー!

 

やりすぎの食事制限はやめよう

世の中にはいろんなダイエットがありますよねーあなたはどんなダイエットをしてますか?

数あるダイエット方の中でいつも人気なのは食事制限のダイエット。人間っていうのは基本的に楽をしたい生き物です。運動しなくても痩せられるならと運動が嫌いな人は食事制限をやりがちです。例えば炭水化物を全く摂らない「糖質制限ダイエット」、1日中ほぼ何も食べない「断食ダイエット」とか・・・。

 

確かに短期的に見たら体重は落ちるけど・・・無茶なダイエットを続けていたら健康に悪い・・・というか命の危険もある恐ろしいことなんです。絶対にやめましょう。

 

無理な食事制限は体を壊す

 

人間に必要な栄養は約50種類と言われています。50種類は多いと感じましたか?それとも少ないと感じましたか?

当然ですが単品ダイエットや断食ダイエットなど無茶な食事制限をすると栄養が足りなくなります。そして人体は栄養が足りなくなると様々な異常が現れます

脳機能の低下、視力、反射神経の低下、臓器機能障害・・・骨がスカスカになる骨粗しょう症の発症・・・マジでおすすめしません。

僕も昔無理な炭水化物ダイエットをしていましたが頭がぼーっとすることが多く常に眠いような感覚になっていました。注意力が落ちるので事故の危険もあります。栄養はバランスよく摂りましょう。

 

体重は減るけど脂肪は減らない罠

 

食事制限をすれば確かに体重は減ります。一気にストンって落ちます。これは間違いないです。でもこれ何が落ちてるかって醜い皮下脂肪ではなく、筋肉なんですよね。

 

筋肉は脂肪よりも重いので筋肉が無くなったら体重は一気に落ちます。でも筋肉が落ちると代謝が落ちていって痩せにくい身体になってしまいます。痩せたと思って元の食生活に戻してリバウンドっていうのはよく聞く話です。(というかこれ僕の体験談です泣)元の脂肪減ってないのに体重戻ってたらむしろ脂肪前より増えてるじゃん!ダメじゃん!

 

食事制限をすると飢餓状態に

 

食事制限をやりすぎると人間は飢餓状態になります。飢餓状態ってのは栄養が足りないから身体が危険を感じて省エネモードになっている状態です。省エネモードなのでいつもよりも消費エネルギーが少ない=痩せにくい身体になります。ダイエット的にはよろしくない状態です。

 

体重減っても魅力が半減・・・

 

そもそもあなたは何のためにダイエットしていますか?健康のため?それとも美しくなりたいから?無理な食事制限をして栄養が足りなくなると肌のツヤが失われたり肌の張りもなくなります。目の下にはクマができて少し歩くだけでも疲れてしまい貧血気味になり倒れてしまうかもしれません。顔色は悪く、筋肉が無いとめちゃくちゃやつれて見えます。そしてこんな状態が続くと老けます。マジです。

 

こんな状態の人を見て美しいと感じる人がいるでしょうか?少なくとも僕は美しいとは思いません。何のためにダイエットをしているのか考えてください。手段と目的が入れ替わってしまったら本末転倒です。

 

美しくなりたいなら

 

美しくなりたいのなら食事の量をへらすのではなく、栄養のバランスを考えた食事にしましょう。油物中心の食生活を野菜中心の食生活に変えるとか、間食のお菓子を納豆や豆腐に置き換えるとか。あとは適度な運動もおすすめです。ランニングなど運動が嫌ならなるべく階段を使う、帰りは一駅歩くとかそういうことで大丈夫です。

 

僕は食生活を見直して特茶飲んで帰りに一駅歩くようになったら痩せました。(今は特茶に頼らずにランニングで痩せようとしてますが)栄養バランスと適切な量を守ればそもそもそんなに運動しなくても痩せます。

関連記事:【特茶って実際痩せるの?】特茶の効果的な飲み方など

あなたも無理な食事制限は辞めて健康的なダイエット方法に切り替えましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。