【用語解説】バイクのABSとは?どういうものなのか解説してみた!

最近バイクはABSの取り付けが義務化されましたね!

具体的には2018年の10月から義務化されています。

これから製造されるバイクは全てABSが搭載されるでしょう。

※中古のバイクや既に出回っている在庫のバイクにはABSの搭載は義務化されていません

「でもABSって実際どういうものか分からない。ブレーキに関するものっていうのはなんとなくわかるけれど・・・」

ABSとかTCSとかアルファベット並べられても何が何だか分からないですよね(´・ω・`)

僕もこの手の用語は苦手だったりします。未だに調べ直したりとかします(笑)

今回はそんな今更聞けないABSとは何か?どんなものなのか?元バイク屋の店員の僕が解説していこうと思います(^^)/

【初心者向け】バイクのスペック表の見かたを簡単に解説!

2018年11月27日

ABSとはそもそもなんの略なのよ

ABSはAnti-lock Brake System(アンチロックブレーキシステム)の略です。

なんの略か分かればどういうものなのか少し想像しやすくなりませんか?

アンチは対抗とか、反対って意味です。

アンチロック、つまりABSは急ブレーキした時にタイヤがロックするのを防ぐためのブレーキシステムという意味です。

ABSは具体的にどういうものなの?

先程ABSはタイヤがロックするのを防ぐためのものと説明しました。

では具体的にどういう仕組みでタイヤがロックするのを防ぐのか説明していきましょう。

まずはタイヤがロックするとはどういう状態なのか説明していきます (。-`ω´-)

タイヤがロックするっていうのは、簡単に言うとタイヤの回転が止まってしまうことです。

走行中に急ブレーキをかけると起こる現象で、タイヤがロックしたら当然スリップします。その間はハンドル操作は効かないし転倒のリスクはあるしでとても危険な状態なんです。

教習所でブレーキはいきなり強くかけるんじゃなくて最初は弱く徐々に強く掛けていくって習いましたよね?

それはタイヤがロックしないためだったんです。

タイヤがロックしてしまった時、冷静になってブレーキを弱めてタイヤのトラクション(駆動力)を復活させればタイヤのロックは解除されます。

でも実際にタイヤがロックしたらベテランライダーならともかく初心者ならパニクってブレーキを弱めることができないこともあります。

そんな時に自動でブレーキを弱めてくれるのがABSです。

ABSはタイヤがロックしてると感知したら自動でブレーキの油圧を下げてくれるんです。

タイヤがロックするかしないかのギリギリのところを自動でブレーキを強めたり弱めたりしてくれるので安全に止まれるということです。

イメージ的には教習所で習ったポンピングブレーキを自動でやってくれる感じかな?

タイヤのロックを防いでくれるということは急ブレーキをかけながらハンドル操作ができるので事故を未然に防ぐことができるかもしれないですね。

ABSって結構優れものなんですよ。

ABSの注意点

まず、勘違いされやすい所が、ABSがあるからといって制動距離が短くなるとかではないです。

ABSがついていたほうが安全なことは間違いないのですがあくまでもスリップを防いでくれる装置なので止まれる距離が特別短くなったりはしません。

ABSが付いているからと言って過信しないように安全運転で行きましょう!

実際バイクのABSってどうなの?

最近のABSはかなり高性能です。

4輪の車と違って2輪のバイクはスリップしたらそのままバランスを崩して転倒してしまうリスクがあるので今や必須の装備と言ってもいいでしょう。だから装着が義務化された訳ですしね。

高速走行中にタイヤがロックして転倒してしまったら大怪我、最悪死んじゃいます。多少値段高くても付けて損はないでしょう。

急ブレーキをかけてもぴたっと止まれるし何より安心感が違います。

ABSついてないバイクで急ブレーキかけるのはものすごく怖いんですよ。

僕のR1はABS付く前のモデルで信号行けると思ったらやっぱり無理!ブレーキ!って時たまに後輪ロックするんですよね。

後輪ブレーキ強くかけすぎなんですねきっと(笑)

気をつけねば。

ABSのデメリット

・ABS付きのモデルは5万くらい高くなる

・ABSユニットが故障したら修理代がとても高くなる

ABSを付けるデメリットは主に価格面です。こればっかりは仕方ないです。

でも事故が起きてしまってバイクを修理に出したり、通院したりしたらそれ以上のお金がかかると考えれば安い物だと思いませんか?

ABS後付けできるのか

結論から言うとABSは基本的に後付け出来ません。

なぜかと言うと車種ごとにABSユニットが専用設計されているからです。

いくらでも金かけれる!って人でもない限り現実的ではないでしょう。

乗り換えのが現実的な値段です。

まとめ

いかがでしたか?ABSがどんなものなのか理解できたでしょうか?

バイクに乗るなら、特に初心者の人はスリップを防いでくれるABSモデルをお勧めします。

四輪と違ってスリップした時の危険度が段違いですから、修理代、治療費だと思ってABSモデルを買ってはいかがでしょうか?

あなたのバイク選びの参考になれば幸いです。

それでは、よきバイクライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。