初心者は要注意!?バイクを買う店の選び方

最近すっかり涼しくなって秋らしくなってきましたね!秋になるとちょうどいい気温になってバイクに乗るのが楽しくなります!

今日も仕事終わりに軽くバイク乗ったんですが、僕のバイク(YZF-R1 ’06)ABS付いていないからか後輪タイヤロックしてしまい怖い思いしました(;’∀’)

ABSが付いていないバイクに乗るときは無理しないようにしようと思いましたw

さて、全然話変わりますが今日はバイク初心者向けにバイクを買う店の選び方を教えようと思います。

バイクを買う店を選ぶということはこれから自分のバイクの整備を任せるお店を選ぶということです。

だからバイクを買う店を選ぶことはバイクを選ぶことと同じくらい、いや、それ以上に大切なことです。

なのでこの記事を読んで初心者さんもちゃんとしたお店を選びましょう。

バイク本体の選び方はこちらの記事にまとめてあります。

初めてのバイクの後悔しない選び方~排気量~

2018年9月13日

初めてのバイクの後悔しない選び方~種類編~part1

2018年9月18日

バイクを買う店をしっかりと選ばないといけない理由は?

そもそもバイクを買う店をなぜしっかり選ばないといけないのか?その辺のバイク屋じゃなぜいけないのか?

バイク屋を選ぶのにはちゃんとした理由があります。適当に選ぶと痛い目を見るからです。それが原因でバイクに全然乗れなかったり、そもそも大好きだったバイクが嫌いになってしまっては目も当てられない!

せっかく高いお金払って自動車学校通ってかっこいいバイクを買うんだから楽しまきゃ損だよ!

ぼったくり店に当たる可能性

まずこれですね。適当にお店を選ぶととんでもないぼったくり店に当たる可能性があります。ぶっちゃけバイクの相場が分からない初心者はぼったくりバイク屋のいいカモ。

バイクについて知らないことをいいことにありとあらゆる手を使ってぼったくってきます。いや、本当マジでえぐいから。

奴らのぼったくり方を一部紹介しよう。

①相場よりバイクの値段が高い

②バイクの値段は安いがいざ契約したら諸費用(車検代や整備代、手数料等)がめちゃくちゃ高い

③時間当たりの技術料(レバレート)がめっちゃ高い

④修理したら治るものも全部パーツごと交換する

ぱっと思いつくだけでもこれだけあるから実際にはもっとあると思う。

今の時代バイクの相場なんてすぐにスマホで調べることができるので①はバイク初心者でも自力で気づくことができるので回避可能。

問題は②から。ネットですぐにバイクの相場を調べることができることを逆手にとってバイク本体の価格を相場より低めに設定してその分諸費用でぼったくるという手口。

バイク本体が安かったから契約したけど、結局違う店で買ったほうが安く済んだって話はよく聞きます。これの回避方法は契約書を書く前にしっかり見積もり書を出してもらうことです。そして自分で諸費用がいくらかかっているか確認してネットで比べてみることです。

めんどくさいからって見積もり書出してもらわないとぼったくられるからね!

③も分かりにくい。この中で一番多い手口。というか初心者じゃなくてもぼったくれる。だってレバレートは公表する義務がないから。ぶっちゃけ最近のバイク屋はバイク売るだけじゃ儲からないので修理や点検のお金でガッツリ稼いでる。

お客がレバレートのことを知らないことをいいことにこれでぼったくる。客は基本的に買ったお店でしか整備しないのでぼったくられていることにすら気が付かない。とても恐ろしいことだ(;^ω^)

④は技術が未熟なお店に多いがどこか不具合が出たらすぐにパーツを交換してしまうお店。バイクの知識や腕が足りなくて不具合が出たらパーツを交換してしまう店。

売っているバイクが整備不良

そもそもバイクが見える部分の消耗品だけ交換して並べてあるバイク屋。いざ契約して乗ってみたらフレームが曲がっていてまっすぐ走らないとかね。

どんなに安く売っていても結局ちゃんと直して走れる状態にしたら高くつく。そんな店も普通にあります。

安全に走れない状態でお客にバイクを売るなんて僕からしたらあり得ないですが実際に売っているところがあるんです。

気を付けましょう。

整備技術が低い

整備の技術が低い店は調子の悪いバイクのどこが悪いのかが分からずめちゃくちゃ時間かけて点検、修理されて、技術料は時間ごとにかかるのでその分整備代がかかってしまいます。

さらにもっと酷いと他のバイク屋では直すことができるバイクも直すことができなかったり、整備中にバイクを傷つけられたりといいことありません。絶対に避けましょう。

じゃあ、初心者はどこでバイク買うのが正解なの?

結論から言いますと初心者が上に書いたような悪い店を自分で見分けるなんてほぼ不可能です。

ある程度の経験と目が無ければ見分けることもできません。なのでおすすめなのはどういう店か分からない中小規模のバイク屋では買わずに安心して任せることができるメーカー直営店か、レッドバロンのような大型チェーン店で買うことです。

安いからとその辺の怪しいバイク屋で買うのは初心者にはリスクが高すぎます。

メーカー直営店やレッドバロンなどの大型チェーン店は点検、整備や保証もしっかりしていて万が一ハズレを引いてしまっても保証期間内なら無料で修理してくれます。

特にレッドバロンは中古車は全て譲渡車検といってレッドバロン独自の基準で厳しく検査しているのでちゃんと走らないバイクは店に並べることすらできません。

車検がもともと無い250cc以下のバイクはろくな点検や整備もされていないことが多くどんな状態になっているのか分からない場合が多いので検査してくれるのは安心ですね。

さすがバイク中古販売国内1位なだけあって安心してバイクを買うことができます。

別に中小規模のバイク屋さんが全部が全部ダメと言っているわけではありません。初心者にはリスクが高すぎるってことです。

大型チェーン店やメーカー直営店で買って慣れてきた頃に中小規模のバイク屋さんに手を出していくのがいいんじゃないかなって思います。

さいごに

バイクの初心者は信用できるメーカー直営店かレッドバロンのような大型チェーン店でバイクを買って、慣れてきたら中小規模のバイク屋さんにも手を出していく。

これが一番お勧めです。

せっかく免許を取ってバイクも買って楽しいバイク生活が始まるのにバイクが故障だらけ・・・整備代がぼったくられる・・・みたいなトラブルは嫌ですもんね(;^ω^)

僕はバイク乗りにバイクライフをライダーの先輩として楽しんでもらいたい。バイクは非日常を味わえる最高の乗り物なんです。

普段は目立たないやつでもバイクに乗っている時では誰でも物語の主人公になれるんです。

最高のバイクライフを味わうためにもバイク買うときは信頼できるお店で選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。