バイクのマフラーを変えるメリット

「ノーマルの排気音じゃ物足りなくなってきた。」

「バイクの見た目や印象をガラッと変えてみたい!」

「車体が重くてできる限り軽くしたい。」

そんな人たちにおすすめなカスタム。それはマフラーです。上の3つの悩み全部解決できます。嘘じゃありません。それにマフラーを変えれば一気にバイクのカスタム感が出てきます。3割増しかそれ以上です!

マフラーを変えるだけでなんか大人の仲間入りをしたように感じるのは僕だけでしょうか?(笑)

この記事を読んでくれているあなたもマフラー交換をしてもらって大人のライダーの仲間入りをしてもらいましょう。

ということで、今日はマフラー交換のメリットとやってはいけないことを紹介していこうと思います。

これであなたもバイクのカスタム道の仲間入りだよ!やったね!

バイクのマフラーを交換するメリット

「マフラー変えても音と見た目が変わるだけで性能は変わらないんじゃないの?」

いいえ。そんなことはありません。マフラーを交換したらしっかりバイクとしての性能も変わります

バイクのマフラーを交換したらいったいどうなってしまうのか?正直初心者には想像できないと思います。だって僕も昔何のためにみんな変えてるのかわからなかったもん。

そんな右も左も分からない初心者さんのために今日はできるだけ優しく!簡単に!解説していこうと思います。

メリットその1:見た目がかっこよくなる

見た目は一番大事な性能の一つ。それが上がるのは立派なカスタムだ!

新車を買ったときについている純正マフラーは正直地味で個性が無いことが多いです!もっと自分のバイクに個性を出したい!そんな人はマフラー変えると幸せになれます。

マフラーは素材やサイズにいろいろな種類があるので自分の好みにあったものを探すことができます。自分の好きな見た目にすればバイクにさらに愛着が湧くこと間違いなし!

いろんな素材を見て、音を聞いて、自分に合うマフラーを探し出しましょう!

メリットその2:排気音がかっこよくなる

マフラーは内部構造や素材によって音の質や高さが変わります。ノーマルの音が物足りない人は変えてみるといいです。世界が変わります。

僕が最初乗っていたNinja250R。ノーマルのマフラーは正直嫌いでした。(今乗っている人いたらすみません)

ネットでもたまにネタにされているようにNinja250Rのノーマルマフラーは耕作機のような音がしますw

気になる人は「Ninja250R 耕作機」で検索してみてね。マジだから。(ちゃんと回せば割とマシな音するんですけどね)

友達とツーリング行くときとか他のバイクの重低音が羨ましくてw羨ましくてw

で、我慢できずにモリワキのマフラーに変えました。マフラー変えると全く違う音がしてびっくりしたのと同時に感動したのを覚えています。

みんなも変えようマフラー

メリットその3:パワーが上がる

マフラー交換したら見た目や音だけのハッタリ性能だけでなく基本性能もしっかり上がります

まず、社外マフラーは大抵ノーマルよりうるさいと思います。うるさいということはそれだけ排気効率がいいということなんです。

排気効率が上がるとパワーだけでなくレスポンスがよくなり、エンジンの高回転域で吹け上がりがよくなります。

ノーマルのマフラーは音を抑えるために内部構造がわざと複雑になっていてエンジン本来の性能が引き出せないんですね。悲しいね。

メリットその4:軽くなる

ハヤブサのようなめちゃくちゃ重いバイクも軽いマフラーに変えれば体感できるほどに軽くなります。(ハヤブサはマフラー2本出しだしより分かりやすい)

ノーマルのマフラーは鉄が使用されていること、消音のために構造が複雑&大型化していることが多い為社外マフラーに変えると軽くなるんですね!

マフラー交換で気を付けるポイント

マフラーを交換するのにやってはいけない!逆にやったほうがいいこと等紹介していきます。

排気効率を極端に上げてはいけない

排気効率が上がるとパワーやレスポンスがよくなると説明しましたが、そのために極端に排気効率を上げるとエンジンのバランスを崩してしまうことがある。

ノーマルの状態でバランスが一番いいようにセッティングされていますのでそのバランスを崩すとパワーがかえって下がったり、最悪の場合不具合が出てしまうことがあります。

まぁ、でも有名なメーカーの物を使えばそうなることはまずないので安心してください。初心者は外国のよくわからないメーカーに手を出すのはやめましょうw

車検に通らないことがある

音量が大きくなると車検に通らないことがあります。また、音量だけでなく排ガスがクリアできなくなったりと・・・せっかく高いお金払って手に入れたマフラーで車検に通らなかったら最悪です。

それを避けるためにJMCA認証のマフラーを選びましょう。

マフラー交換後エンジンをかける前にマフラーを拭いておく

特にステンレスでありがちですが、マフラー交換時に素手で触ったせいで付いた油が熱されれ変な焼け跡が残ることがあります。

焼け跡はずっと残るものなので気を付けましょう。

まとめ

マフラー交換で何が変わるのか簡単に説明しました。見た目や音だけでなく、バイクの基本性能までも上がりカスタムした実感が一番湧く部品です。

また、マフラーを交換するときは車検に通るのか?確認してからでないと悲しい思いをしなければなりませんのでJMCA認証のマフラーを選ぶといいですよ。

カスタムにチャレンジしたい方は自己責任でお願いしますw

近いうちにマフラーの素材ごとの違いについて書こうと思います。

 

【関連記事】

見えづらいナンバープレートは法律的にOKなのか

2018年10月9日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。