バイクのチェーンの寿命を延ばす3つのポイント

バイクのチェーンメンテナンス。買ってからずっと放置。だけど今までそれで走れてるから大丈夫そうだしずっと放置!そんな人はいませんか?

チェーンは伸びきって錆びついてスプロケの寿命まで縮めている…

バイクデビューしてすぐの頃の私がそうでした。今思うと相当まずかったと思います(;^ω^)

チェーンは動力をタイヤに伝える大事な部品。切れてしまったら走ることができなくなります。ツーリング先でそんなことになったら気分も台無しですよね?

でも心配することはありません!今から紹介する3つのポイントをメンテすれば長く使うことができるし、見た目も綺麗になってかっこよくなりますよ!

今回はチェーンを長持ちさせるメンテを教えます!

ポイント1.チェーンの清掃

チェーンを長持ちさせるにはやっぱり清掃。道具さえ揃えれば初心者でも簡単に手をつけることができます。

チェーンが錆びついてしまったら交換しないといけないのでできるだけこまめに清掃したいですね。

ちなみに錆びたままのチェーンを使い続けるとスムーズに動かないだけでなく最悪チェーンが切れてしまいバイクが動けなくなってしまうので、バイクのチェーンが錆びてしまったら迷ってないでとっとと交換してしまいましょう。

1.まず水で軽く表面を流して泥や汚れを落とす

2.チェーンクリーナーを吹きかけてブラシで擦る

出典ドライブチェーンのメンテナンス

ブラシでチェーンを洗うときの注意点は表面を洗うよりもチェーンとチェーンの繋ぎ目を洗うことが大切です。チェーンの清掃で重要なのは、チェーンの繋ぎ目のOリングと呼ばれるゴム製のパーツ付近の油分をしっかりおとして注油しなおすということなのです。

チェーンは外側だけでなく、内側も洗ってあげましょう。歯磨きの要領で特別強く擦る必要はありません。

3.チェーン全体を洗浄できたら水で全体を流す

4.チェーンの注油へ

チェーンの注油と清掃はセットで実施します。洗車後はもちろん、雨天走行後も忘れずに実施するようにしましょう。これをやるだけでチェーンの寿命は大幅に伸びます。

おすすめのチェーンクリーナー

僕も実際に使っている一押しのチェーンクリーナー。大容量でコスパがいい。おすすめです。

ポイント2.チェーンの注油

出典[YZF-R6]バイクの洗車とチェーン清掃、注油<洗車の実践編>

文字通りチェーンに油をさします。チェーンのオイルは結構頑固な物がおおいので服などにつかないように気を付けましょう。

チェーンを長持ちさせるにはとにかくチェーンをカラカラに乾燥させないことです。主に気を付けてもらうのは洗車の後雨天走行時の後です。そこで注油をして乾かさないようにすることでチェーンの錆びを防止することができます。

水置換性のオイルを使えばぬれているチェーンに吹きかけて使用することができ使い勝手がいいです。

内側と外側からまんべんなくかけます。ある程度かければ走行中に馴染んでいきます。大量に噴射する必要はありません。

ポイント3.チェーンの張り調整

チェーンの張り調整はとても大事です。チェーンは1個1個のリングが繋がっているので1個の摩耗は小さくても100~120リング分の摩耗となると数ミリは簡単に伸びてしまいます。

チェーンが伸びすぎると駆動のロスが生まれ燃費がわるくなったり、スプロケットの偏摩耗によりチェーンが外れます。

逆にチェーンがきつすぎてもよくなくて、リアサスペンションの動きを制限してしまったり、最悪切れてしまいます。

1月に一度は緩みがないか確認し、調整した方がいいです。しかし、チェーンの調整は初心者がやるのは敷居が高いのでもし緩んでるな?と感じたらオイル交換のついでにでもバイク屋で見てもらいましょう。

まとめ

今回は初心者でも出来そうな簡単なものを紹介しました。

チェーンを長持ちさせるポイントは細かなメンテと点検です。雨天走行時や洗車毎に注油するのは正直面倒ですが効果は確実に現れます。

あの友だちの乗っているかっこいいバイクは面倒で地味なメンテの上に立っているのかもしれませんよ!?

それにバイクは自分でメンテしていけばしていくほど愛着が出てきて楽しくなってきます。

大切な愛車を少しでも長く乗るためにあなたもメンテを始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ばりばりインドア派オタクだが実は学生時代はラグビーで全国ベスト16の経験がある。 プリティーシリーズ、アイマスが大好き。 二次元の趣味以外には、バイクやキャンプが好き。